フラッグの行政書士開業日記

行政書士開業日記です。 フラッグ行政書士講座事務局長が記載しています。 行政書士試験に合格したら何をどうしたら良いのか? その道しるべになればと思い書いています。

開業10年の悩み

行政書士開業者のほとんどが、一人事務所だと思います。


もしくは1人、2人の補助者がいるのかもしれませんが、

おそらく、マネージャー兼プレイヤーだと思うのです。

私も同じ状況です。

ですが、正直毎日が息がつまる状況です。

独立開業して過ごす時間は自由ですが

自由に過ぎしていては仕事にはなりませんから

サラリーマン以上の情熱が必要なわけです。

よし、毎日頑張って仕事をして多くのお客様を獲得しよう

初めのうちは夢中で過ごします。

そうです、最初はプレイヤー的な発想が強い状況です。

そして、だんだん仕事が増えてきます。

そうしますと、今度は事務所のマネージャーとしての経営を考えなければならないのです。

今の私の悩みです。

考えることは、業務を絞り、より効率的にそして、継続的な仕事を中心に・・・

リスクと報酬を比較していきます。

そして、補助者を有効に活用できる仕事。

そう考えていきます。

ですが、行政書士として考えれば、報酬を気にせず、お客様のためにやってあげたい

そんな気持ちもありますし・・・

難しいところですね。

そう考えると、やはり、プレイヤーとマネージャーは別の人が担当するのが良いのかもしれません。

しかし、そんな組織的に動ける事務所をつくるのは並大抵では難しい・・・

売上がまったく足りない・・・

ホームページは広告か?

前回は広告について書きましたが、


広告はあまり期待しない方が良いですよね。


かりに、広告がすごく効果があったとしても、


その効果=仕事や問合せに対応できますか?


という問題もあります。


広告を見て連絡をくれるお客様は


どちらかというと、お金に厳しい、または仕事の要求が厳しい


もしくは、誰も引き受けてくれない


そんなケースも多々あるような気もします。


これが、何か商品を売るような商売ならば良いのでしょうが


サービスを売るような、しかも信頼関係のみでなりたつ士業の仕事には


そもそも向かない・・・つまり、仕事を喚起するような広告はあまり意味がないのではないでしょうか。


あ、勘違いされるといけないので、書いておきますが

事務所のホームページと広告は別で考えてくださいね。

ホームページそのものは事務所を知ってもらい為のツールですから

一部では広告という考えもあるのでしょうが、省いて考えたいです。

この、ホームページはどちらかというと、顧客が紹介する時に見ていただいて安心感をもってもらう。

そんな名刺代わりとしてのツールに向いているような気がします。

ですから、やみくもに広告をすることは、広告業者のカモというわけです。

だって、ネット広告の会社が、電話で営業してくるんですよ!

電話営業しなければ仕事がこないことが分かりますよね。

うーん、これ以上はクレームが来るかもしれないので、

止めておきます。


広告

しかし、広告は今までいろんなのをやりましたけど


どれもその効果は・・・

出ているとは感じないなー。

費用は結構かかるんですがねー。

そもそも、行政書士業務は

あまり、広告の効果が出にくい業界なのかもしれません。

経費を抑えた方が徳なのかもしれませんね。

スポンサーリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード
スポンサーリンク
  • ライブドアブログ