行政書士として、業務は絞るべきか?

これは本当に難しい問題です。

よく、言われるのは、都会では専門でやっていけるが、

地方では総合的にやらないと食べていけない。

はたして、そうなんでしょうか?

この選択は簡単なようで、ものすごく重要な問題なんです。

専門でやっていくならば、同業者からの紹介も多いと思います。

例えば相続専門です。

相続は行政書士でも積極的にやっていない先生も多いため

できれば、詳しい先生に紹介したい。

ところが、紹介しようと思っている先生が総合的にやっている場合

紹介者としては、その他の業務も取られる可能性があるため、

絶対に紹介しません。

ですから、専門でやるならば、徹底的に特化するべきなのです。

専門でも総合でも最初は仕事が少ないのは同じです。

ですが、将来的に、あきらかに有利なのは専門業務だと思います。

総合業務の場合は、同業者と完全にガチンコになりますから

覚悟が必要です。

広告宣伝でも負けず、営業でも負けず、業務でも負けず、

そして、分からないことは先輩に聞かず、全て自分で調べる。

そして、顧客を徹底的にフォローする。

この覚悟が大切です。

いいですか。

けして、自分と同じ業務をやる先生には紹介しませんからね。

これは、間違いない。

私は業務を絞ることが成功への近道だと思います。

相続は商売上難しいと以前ブログでは書きましたが、それを専門にやっている先生も多くいます。

それぞれ、自分が何を主力にやるか?

それは、自分の考え方、そして、今までの環境が決め手になります。

どの分野が良い、悪いの話ではないのです。

あくまで、現状把握と可能性への追求ですね。

人気ブログランキングへ    

にほんブログ村 行政書士