今日は、何を書きましょうかね?

業務のことは早すぎるし、

そうだ、まずは開業でも創業でも同じなんですが

私も数多くの創業者の支援をしてきましたが、

そのなかに、なぜかお金を使いたがる人がいます。

特別お金を持っているならば良いのですが

そんな感じにはみえません。

失礼。

店舗は大通りの道沿いに・・・

内装もおしゃれなデザインにして・・・

建築屋さんに頼みたいと思います。

で、料理は自分作れないので、専門の調理師を雇って・・・

え?

いったい、いくらかかるか知っていますか?

夢見がちな開業者が多いんですね?

自己資金ならまだしも、借り入れでするなんて、

破産まっしぐらでしょ。

しかも、顧客がすでにいるなどの実績があれば、収入も読めますが、

まったくの初めて。

言っときますが、最初からお客は来ないと思った方がいいと思います。

開業して、実績と資金ができたら、立地条件の良い店舗に変えるのは良いのですが。

まずは、何をすれば、どのくらいかかるか?

夢や希望ではなく、現実的な収支採算を考えましょう。

ですから、なるべく開業にお金をかけないのがコツなんです。

そこで、行政書士業務は最高なんですね。

資金がいらない。

しかも、必要経費が少ないですから、

行政書士業務で破産したなんて聞かないです。

仕事がこない話は聞きますが。

それは、良く聞くと、何もしていない・・・

看板すら無い、なんてケースらしいです。

とにかく、開業するにあたっては、なるべくお金を使わないように

工夫しましょう。

ブログランキングに参加中

  人気ブログランキングへ     にほんブログ村 行政書士